Img_6b736d060f54a04fb01885b42177c87a61822ef7
いつもは電動ろくろで制作することが多いのですが、
こちらは手びねりで作りました。

最後に底の方を少しカンナで削り取る以外に、道具は使っていません。
飲み口も切り揃えていないのでガタガタしているし、
表面も指の跡が残ってボコボコしています。

電動ろくろよりも作業効率が悪いのですが、
本当にひとつひとつ手で作っている手づくり感があり、
大好きな作り方です。


GWですね~。

私は暦に関係なくバリバリ(?)働いています!

同じく仕事の方、勉強している方、共に頑張りましょう。
寒い!!

こんな日、ストーブの前は我が家のいちばんえらいひとたちが占領しています。
Img_81cde4e6dde5ec53223c6b86300df259bdbcaf77
Img_72d63f92e809050c701aca6e366bf58ee714139a
毛皮を着ているんだから、少しゆずってください。
を、いただきました!

天然酵母や道産小麦などこだわりの食材で、丁寧に作られたパン。
もちもちしていて、とってもおいしいのです!

残念ながら休業中の友人のパン屋さん (Click!) 

完全復帰を願います。
Img_18e0d6b8ed8ce994ff74c0fdd2c17d9a96eb4ed5
もらったパンを食べる前に写真を撮った私は、すごく大人だと思う。
私の作っている白い器は粉引きというもので、
粘土で成形した後に、どろりとした液体の白い化粧土をかけます。
その後、乾燥させてから、素焼き→釉掛け→本焼きという工程でつくります。

あえて生地の土の色が少し見えるようにムラを出しているのですが、
このムラの出し加減がなかなか定まりません。
割と真っ白な感じもいいかも~って思う時もあれば、
化粧少なめで、土の色がいっぱい見える方がいいなって時もあります。
どちらも捨て難いんです。

そして、肌触りがザラっとしているのもこだわり。
透明釉を薄めに掛けていますが、薄すぎると器に汚れがつきやすくなりますし、
濃すぎるとピカピカ・ツルツルな感じで好きじゃない。
試行錯誤していますが、まだ落とし所が見つかっていません。
Img_21111971af26f85d6de33ef22b512837a57be796
こちらは焼きたてホヤホヤです。

化粧、釉薬共に厚めに掛かっています。
こんな時は割と弱気だったりもします。
豆皿小皿 展
場所: yuki*michi (Click!)
中川郡幕別町札内中央町466
2011.5.25(水)―5.28(土)
11:00~17:00

Img_77963b2eb86baa2aad2204a7364bc593fce71cea
新色で、青緑っぽい色です。
小皿ではなく小鉢疑惑(?)ありですが、こちらも納品しました。

お近くの方は是非お立ち寄りください。
Img_08702e3e856b39a325e50d8241346b35dffde6c2
Img_951267a972f52bcc4c503c895aa95e6dd63d9ae6
Img_9bad6070095fbe980a0fda74c5d504dd4a713b62
白とグレーのグラデーションがきれいだったので写真に撮ってみたら、
意外と青かった。。。やっぱり空は青いんだ。




豆皿小皿 展 終了致しました。

お立ち寄り下さいました皆様、ありがとうございました。