本焼き後、窯出しする時はいつもドキドキ。

蓋を開けたら全部粉々に割れてる!という夢を見てしまったり・・・。

新しい色のテストをしても、だいたいは期待外れでがっかりします。

・・・が、今回自分の予想を上回る良い色が!

自分では結構気にいっていますが、どうでしょう?
Img_6f067cd1fec1eb0e4f7876faad490e6d9a230ec2
地味ですね~?




そして、いよいよ来週開催です。


うつわチャリティーマーケット (Click!)
 4月22日・23日・24日(金・土・日)
 10:00~20:00 最終日(日)は19:00まで
場所:イルムス/ステーション999 (Click!)
 札幌市中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル2F

Img_33a18d345336c035c9d9a7dd56ebf8bb9c0d441d
皆様、ぜひご来場下さいませ。
Img_83062ac1335fffbb8a96dff80e02ca5990c941e0
今さら私が紹介するまでもない、ベストセラー。

去年の9月、映画の公開の頃、書店で平積み販売されていました。
秋の始まりで日没も早くなり、なんとなく淋しい気分。
そんな時に読むには内容が重すぎるかなとか、上・下巻2冊で出費がかさむなとか、
長時間迷いに迷って、結局買わず。

やっぱり気になって、最近読み始めたのですが、
物語に引きずり込まれ、感情移入し過ぎて苦しくなってしまい・・・
下巻の途中で一時中断。
まだ読み終わっていませんが、文学や芸術の力って計り知れないと痛感。
あの秋の日にこの本を読んでいたら、
私は今の私とは違う自分だったんじゃないかなと感じます。




Img_64d7b2ad3002e9a11627c6f4d9475e153339b247
■うつわチャリティーマーケット (Click!)
 4月22日・23日・24日(金・土・日)
 10:00~20:00 最終日(日)は19:00まで
場所:イルムス/ステーション999 (Click!)
 札幌市中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル2F


明日開催です!

先日、無理かな~?と思いつつも、
チラシを小樽駅と南小樽駅にお願いしたところ、貼って頂けるようです。
(小樽築港駅は、駅長さんの了承が必要とのことで保留。)
感謝です。

うつわチャリティーマーケットへは、速くて快適!JRで!
Img_7580938b79c106517d8bd122e1361835313e19f2
yuki*michi (Click!) 
中川郡幕別町札内中央町466

2011.5.25(水)―5.28(土)

11:00~17:00
Img_f65233e2d889529bf125cf96783ff1e6d8c6397f
当初、4月開催予定だったので一部焼き上がっています。

豆皿って、名前がかわいいなぁ~。

ぜひ、お立ち寄りくださいませ。


■うつわチャリティーマーケット

終了致しました。

売上総額などは、また後日お知らせ致します。

お買い上げ下さいました皆様、ご協力ありがとうございました。
Img_baea5a509709340bdb5d9d40b037030b74e02dc3
全国から100名以上の作家が参加し、約800点の器が集まりました。

3日間のイベントでしたが、初日には長蛇の列ができ半数以上が売れました。
最終日には、売り場はスカスカに。

惜しくも完売には到りませんでしたが、売上総額は190万円超。
これは全額、日本赤十字社へ義援金として寄付致しました。

詳しくはこちらをご覧ください。 (Click!) 

はりきって参加してみたものの、豪華作家陣の作品と自分の器が
一緒に並ぶことに若干萎縮していましたが、提供した9点全て完売致しました。
お買い上げくださいました皆様、ありがとうございました。

私も2日目、3日目に販売のお手伝いに行ってきました。
人の温かさ、熱さが伝わってくるイベントでした!
私自身、ひとりじゃないんだなぁと、ちょっとだけ強くなれたような。
勇気がもらえました。情けは人の為ならず。ですね。

写真をあまり撮ってきませんでした。
(撮ったものもボケてたり。。。)
主催者の橋本さんのブログ (Click!) や、
そこで紹介されている方々のブログをご覧ください。
(丸投げしちゃいます。)

ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました。
そして、【OneLOVEプロジェクト】も始まりました!!

こちらは、要請のあった被災地に直接器を寄付します。
プロ・アマ問いません。器づくりをされている方、是非ご協力ください。

詳細はこちら→ (Click!) 

沖縄で生活をしていた時、なけなしのお給料で購入したやちむん(沖縄の焼き物のこと)を使うと、
疲れていたりイヤなことがあった日も、少しだけ豊かな気分になれたことを思い出します。

私も器を提供します。
器と一緒に被災者の方々の心にも何か届くといいなと思います。